音痴のタイプ

音痴のタイプには感覚性音痴と運動性音痴というものがあり、感覚性音痴は音を聞いたとしても理解にいたりにくく、正しい音を認識することも、それを同じように発声することも、そして適切な音を出したのかを評価することも無理です。
これに対し運動性音痴は、音の理解自体は不可能ではないため、正確な音を頭の中でイメージすることや、自分の発生した音に誤りがないかどうかを確かめられます。
ところが、音を正確に出すことが困難なのです。
感覚性音痴は、概して先天的なものと位置付けられていて、運動性音痴は後天的な要素で起こるものであるケースが少なくありません。
音痴の原因は一つではありませんが、案の定、音痴になる確率が高い人というのはいるようです。
音痴を抱えやすい人は、幼少のころからそれほど音楽との接点がなかった人だと伝えられています。
いつも音楽と共に生活するような環境下にあると、無意識のうちに音を耳にすることができ、的確な音程を把握することができます。
それに、歌うのが特別なことという感覚がなく、カラオケなどといった場所において人前での歌にもひどくストレスを感じることがないでしょう。
子どもの成長過程で多様な音楽に触れさせる機会を与え、楽しみながら音やリズムを習得させておくことは、音痴に悩まないためには欠かせないことでしょう。
なお、集中力が乏しい、積極的に物事に取り組めない、冷静に行動できない、声を上手く調整できずいつも大声で歌う人なんかも音痴に悩まされやすいと言われています。
音をきっちり聞かずに、自分が好きなように歌っているような人も音痴になりやすいタイプなので、このようなことをせず客観的に音を聞く必要があるでしょう。